[イタリア篇] サンマリノ共和国に行ってみた。(1)


20150309_081
サン・レーオを出発し、次の目的地は40分ほどで到着すると聞いている、サンマリノ共和国!

このあたりは全くwifiがつながらず、カーナビ代わりのiPad miniが使えなくて道が全く分からないため、標識と勘を頼りに向かいます。とりあえず、サン・レーオ城からも見えていたあの白い建築物が密集しているような丘陵地が恐らくサンマリノなので、あそこに向かって近づいていきます。結局、かなり右側の尾根から迂回しないと行けなかったんですけど。

20150309_082
サンマリノの旧市街地も車両進入禁止区域(ZTL)になっているので、カーナビのない自分は迷い込んでしまわないかどうか心配でしたが、勘を頼りに走ったら、到着予定だった駐車場に奇跡的に迷わずピタリと到着!ここはZTLに突入する直前の城門と城壁のすぐ手前、6番駐車場です。

20150309_083
駐車場のすぐ横の崖に堅牢な城壁が作られていますね。

20150309_084
さっそく旧市街地に入っていきます。ティターノ山の上に建設されたサンマリノ歴史地区は、全体がユネスコの世界遺産に登録されている場所で、とても美しい街並み。

あ、サンマリノはイタリアの一部だと思っている人が多いですが、れっきとした独立国家で、世界最古の共和国でもあります。また、かつてF1レースのサンマリノGPが開催されたのはこのサンマリノ共和国の中だと勘違いをしている人が多いですが、サンマリノGPの開催地ははイタリアにあるイーモラサーキットです。

20150309_085
サンマリノ共和国の名物料理は何かというと、イタリアのエミリア・ロマーニャ地方と何の変わりもなくサンマリノならではのものはないっぽいです。雰囲気がよさげなリストランテでディナーを食べました。メインも前菜も何もかも美味しかったー。

後でネットで調べてみたら、サンマリノ屈指の名店なんだそうです。この日はシーズンオフの平日だからお客さんはほとんどいなくて落ち着いていて、うちの3歳の長男も肉を焼く厨房に入れてもらって見学させてもらうなど、お店の人たちにかわいがってもらってました。

20150309_086
あまりに居心地がよかったので、デザートタイム。「普通のコーヒー」を注文すると、日本だとブレンドコーヒーやアメリカンコーヒーが出てくる店が多いですが、ヨーロッパはほとんどがエスプレッソで出てきます。

20150309_087 20150309_088
そんなわけで、すっかり夜も更けたのでホテルに戻り、いろいろと仕事を片付けて就寝。明日はサンマリノの城塞へ行ってみます。

そう言えば、今回は独立国家で言えば、イタリア、バチカン市国、サンマリノ共和国の3カ国に行ったことになりますねー。


シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。