[中欧篇] デヴィーン城(1)/スロバキア


スロバキアの首都ブラチスラバの中心地から車でドナウ川沿いを西に走ること約30分、以前からとっても行ってみたかった場所に行ってきました。その名も、デヴィーン城(Devinsky Hrad / Devin Castle)。

ブラチスラバからバスも出ていて、乗り継ぎ時間なども合わせたらだいたい40〜50分ぐらいで来れるんだそうです。ウィーン観光のついででも大丈夫ですね。車の場合は広大な駐車場があって、無料で停められます。

デヴィーン城は石垣が残る廃墟のような城塞。というのは、ナポレオン率いるフランス軍が攻め込んで破壊したから。その立地から長らく難攻不落の城でしたが、時代が変わって砲術が得意なナポレオンの軍勢の大砲攻撃には歯が立たなかったのでしょう。

駐車場から徒歩で2分ぐらいで、北側の城門にたどり着きます。この時、13時5分ぐらいだったのですが、昼だというのに閉まってない?

休館日なのかなと思って見てみると、そうでもないし…と思って見てみたら一番下!「13:00-13:30 LUNCH TIME」って。門番が立っていて、ランチタイムは入場者は入れず、出る人は出られるっぽい。

ランチタイムが終わるまで、写真撮ってみたり。崖の上に要塞が立っていますが、あの一番上まで後で行きますからね。

デヴィーン城の入口にはホテルもあります。本当は地理的にここに泊まろうとしたのですが、この日は満員で取れませんでした。お土産店などもあります。

おっ、ランチタイムが終わって城門が開いたっぽい。いつしか雲が多くなっていて、日光が遮られて暗くなってしまいました。ただこの日は日差しがすごい暑い日だったので、曇りなのもなんだかちょうどいい感じ。

城内に入ると、草地が広がっていて牛が放牧されていたりします。

ちなみに、デヴィーン城が一般公開されているのは毎年4月〜10月だけなんだそうです。知らなかったー。ちょうどいい季節に来ました。

ドナウ川とモラヴィア川の合流地点に立つ、ローマ帝国時代から防衛の重要拠点だったデヴィーンですが、周囲はとってものどかな街。

石畳の道を登っていきます。顔はめパネルもありますね。

城壁と塔の跡が現れました。RPGのような素敵な雰囲気。さらにこの城壁の右側から奥に進んでみます。


シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。