[中欧篇] ウィーン(5)シュヴァルツェンベルク広場 /オーストリア


オーストリアの首都ウィーン(Wien)。ナッシュマルクト(Naschmarkt)に行きたいと家内が言い出したので、歩いて移動。緑あふるるシラー・パーク(Schillerpark)を横切ったりしながら。

ナッシュマルクトに到着。ウィーン最大の市場で、いろいろな食材が揃うことで有名なウィーン市民の台所。といっても、観光市場のような感じなのでそんなにめぼしい物はなく、食事をしようと思っても観光客相手の店ばかりであまり美味しそうな店がなく。そう言えば前回もそうだった、と家内がようやく思い出しました…。観光市場はどの国もハズレが多い。

でも子どもたちがお腹が空いたというので、仕方なくその近くのお店を探して食べました。ハンバーガー。今回の都市ではこれまで地方都市ばかり巡っていたので、やっぱり物価が全然違うなあと思ったり。

ランチをしている間に、まるでスコールのような土砂降りに。ものすごい雨量で、しばらく店から出られませんでした。仕方なく待つことに。

30分ほど経つと、ようやく雨が上がって晴れ間も見えてきました。ヨーロッパの街は雨も似合います。さっそく店を出て歩き出しました。

日本茶のお店。日本人の方が経営されているらしいです。

ウィーン市内はあちこちにトラムが走っています。

歩いているとドーム型の建築物があったので何だろうと正面に回ってみると…

これはレッセル・パーク(Ressel Park)の南にあるカールス教会(Karlskirche)です。この日はクラシック・コンサートがあったらしく、たくさんの人が訪れていました。

シュヴァルツェンベルク宮殿の北側にあるシュヴァルツェンベルク広場(Schwarzenberg platz)。ホッホシュトラールブルネン(Hochstrahlvrunnen)という名の大きな噴水があり、市民たちの憩いの場になっています。

子どもたちもすっかり歩き疲れて、しばらく噴水でぼーっとしていました。水の音がとても心地いいです。向こう側にはソビエト戦勝記念碑があります。


シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。