[スイス篇] ルツェルン(2) ラートハウス橋


20170925_021

ルツェルン(Luzern)のロイス川に架かるカペル橋、やっぱりルツェルン観光の定番とあって、そのインパクトが大きくてついつい時間を忘れて眺めてしまいます。ちなみに対岸の奥に見えている時計台のような建物は、旧ルツェルン市庁舎(Altes Luzerner Rathaus)。

20170925_022

ルツェルンの交通の要、ルツェルン中央駅(Luzern Haupt Bahnhof)。その奥には市立美術館があり、周囲にはホテルがたくさんあります。

20170925_023

20170925_024

カペル橋の横に架かるラートハウス橋(Rathaus Steg)。右手には旧ルツェルン市庁舎が見えています。ラートハウスとは旧市庁舎のことですね。

20170925_025

ラートハウス橋から見たイエズス教会。

20170925_026

そしてラートハウス橋から見たカペル橋。ここからだとカペル橋は全部が写るんですね。

20170925_027

今度はイエズス教会前から見たラートハウス橋。こう見るとこの橋は緩やかなアーチになっているようです。

20170925_028

20170925_029

ロイス川岸にあるイエズス教会(Jesuitenkirche)。1667年に完成したそうで、スイスで最も古いバロック教会とのこと。中も無料で拝観ことができます。

20170925_030

イエズス教会前の広場。ここ、なんか雰囲気すごくいいですよね。この電灯もデザインがなかなかシブい。

20170925_031

20170925_032

川の名前をそのまま拝したロイス橋(Reusbrucke)。そして鮮やかな色彩のホテル・デ・バランス。すごく素敵な雰囲気です。


シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。