激闘!滝小路の戦い



実験的連載中の『厳島戦記』、ついに毛利元就軍が陶晴賢率いる大内軍の本陣に突入した奇襲戦へとストーリーは進んでいます。毛利軍随一の猛将・吉川元春と、大内軍随一の勇将・弘中隆包が激闘した「滝小路の戦い」を描きましたが、「元春と隆包をカッコよく書きすぎでは」という意見も頂きました。でも実は、弘中隆包が博奕尾で奇襲前の毛利軍の前に現れたことも、隆包が陶晴賢を逃がして滝小路で吉川元春と戦ったのも、元春が隆包の残した火の消火に務めて厳島神社を守ったことも、この地を後に「弘中戦地」と言われるようになったことも、実はこのとおり、現地の歴史案内板にはきちんと刻まれているのです。

その「滝小路の戦い」の案内板があるのは、大聖院から少し海側に降りてきたところです。滝小路から少し外れた石畳の場所にひっそりと建っています。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>