勝浦城址に行ってきた。



千葉県の房総半島にある勝浦城跡に行ってきましたよ。勝浦湾に突き出た八幡岬の崖に築かれた城。現在は八幡岬公園になっているんですが、海辺の崖の上にあるために強固な防衛力だったことが伺えます。


八幡岬公園には、お万の方の銅像が。お万の方は勝浦城主・正木頼忠の子で、徳川家康の側室となって養珠院と呼ばれ、紀州藩の初代藩主となる徳川頼宣、水戸藩の初代藩主となる徳川頼房を産みました。徳川御三家の誕生に大きく関係のある女性なのです。


八幡岬公園から勝浦湾側をみたところ。西の対岸が見えます。沖合に小さな鳥居が建っているのが見えますか?


日本三大朝市にも数えられる、勝浦朝市に行ってきましたよ。江戸時代よりも前に始まったと言われる朝市。今も関東のあちこちから人が集まるようですよ。地元の朝市というよりも、観光客慣れした朝市という感じがしました。お餅を買ったり干物を買ったりしました。ちなみに月の上旬と下旬では開催場所が違うそうです。


最近では勝浦を代表するB級グルメに育っている、勝浦タンタンメンを食べましたよ。ごまラー油が特徴の勝浦タンタンメンですが、とにかく辛かった。辛い物が好きな家内は、美味しかったそうです。


シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。