『歴史発想源 〜永遠の帝都・ローマ建国篇〜』kindle版、登場!


『ビジネス発想源 Special』で好評連載中の「歴史発想源」から、kindle版の第3弾がついにAmazonに登場しました。

3回目の電子書籍化となったのは、昨年2014年6月〜8月に連載して大好評を頂いた「永遠の帝都・ローマ建国篇」です!

20150512_001

稀代の英雄ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)の後をわずか18歳で継ぐものの、数々の政敵に打ち勝ってローマ帝国初代皇帝へと上り詰める青年オクタビアヌスの激動の偉業を追った「ローマ建国篇」は、実を言うと筆者である私がこれまでの「歴史発想源」の中でも1、2を争うほど好きな章だったりします。この章が、ついにkindleで読めるなんてっ!

「歴史発想源」では初となる世界史、さらに最古となる紀元前の話とあって大きなチャレンジでしたが、読者の皆さんにもとても好評を頂いた章だったので、早くkindle版を出したいなとうずうずしていたところでした。

四国の長宗我部元親が登場する「土佐の蝙蝠・長宗我部篇」、九州の鍋島直茂が登場する「佐嘉の赤熊・鍋島藩祖篇」に続き電子書籍化第3弾となる「ローマ建国篇」ですが、今回もお値段は999円とさせて頂き、1000円以内に収めました。

20150512_002

今回ももちろんこのように、テキストメールマガジンでの連載時にはなかった地図の図解をいろいろとご用意しています。ローマやギリシャ、エジプトの位置関係を地図で確認しながら読むと、各勢力の戦いの意図がより分かりやすくなります。

そしてこの連載後、奇しくもイタリアに旅行する機会があり、カエサルやオクタビアヌスにまつわる場所の風景が撮れたので、意外に好評の企画「風景紀行」も収録することができました。

kindle専用端末がなくても、お持ちのPCやスマホ、タブレットなどで無料アプリを使って読むことができます。私も一読者として購入し、MacやiPhone、iPad miniでよく読んでいます。特にiPadは読みやすいですねー。

歴史発想源 〜永遠の帝都・ローマ建国篇〜』。ぜひぜひご一読下さいませ!


シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。