『ビジネス発想源 Special』、第3837回配信。


有料版メールマガジンビジネス発想源 Special、おかげさまで好評配信中です。

毎週土曜日に購読登録者のみに配信されています。

img010

5月9日(土)に配信した「第3837回」の内容は…

<第1部>

●今日の発想源 [Sp241]
~PRマーケティングの本質は「□□を□□する」こと。
飲食店の分煙化でも、それだけでそのPRの本質を
作り出すことができる。ラッピングは無料にすべきか、
内装品は新品であるべきか、全て答えが出てくる。

●今週の「ニュース発想源」
・長崎の軍艦島をはじめとする「明治日本の産業革命遺産」
にイコモスが登録を勧告、世界文化遺産の仲間入りへ。
・大分県の高崎山、雌の赤ちゃんザルに誕生直後の英国王女
にちなみ「シャーロット」と名付け、批判や講義が殺到。
・史上最高額となった世界ウェルター級王者統一戦、
メイウェザーがパッキャオに0-3の判定勝ち。

●今週の「データ発想源」
・アラサー女性は価格を気にせずおしゃれなものを
バンバン買っていく、というマスコミのイメージは
幻想。本来はとてつもなく堅実な買い物をしている。
スタンダードが揃うことの重要さとは。

●今週の「フェイバリット発想源」
・最近は都内にもプレミアムバーガーの専門店が増えて
来たが、ファストフードのハンバーガーチェーンより
プレミアムバーガーを愛する筆者が、東京都内でも
特に何度も繰り返し行ってしまうほど好きな店。

●今週の『ビジネス発想源』タイトル一覧

<第2部>

●今週の「プロジェクト発想源」
【第657回】2つの方向の可能性
・Paddyは実は10%の部分を作ったに過ぎない
・商品開発よりも技術開発に近い企画の進め方
・向かう方向は、エンタメ力と解析力
・スペイン発のアプリにそのヒントが

●今週の「テレビ発想源」
・フジテレビ『世界行ってみたら
ホントはこんなトコだった!?』(5月5日放送)

<第3部>

●今週の「歴史発想源」
【第六十九回】 東西の英傑をも凌駕する「陶興房」
<周防の猛虎・陶氏二代篇>(その三)

・大内義興の死後、嫡男の大内義隆が当主の座を継承。
ナンバー2・陶興房の高徳で、内訌は起こらず。
・大内氏の北九州担当・杉興連が「田手畷の戦い」で
少弐氏に大敗。その後の少弐氏、大友氏の侵攻を許す。
・陶興房、本州の諸問題を片付け九州に上陸。強敵の
大友氏への対抗に集中し、豊後国まで大友氏を押す。
・陶興房、「勢場ヶ原の戦い」で大友氏を抑え、少弐氏を
滅亡に追いやり、九州の地盤を固め終えた後、病死する。

<第4部>

●今週の「Q&A発想源」
・アプリ開発でシンプルにすることで質が上がらなく
なる弊害を、PAddyではどのようにしたのか?
・店でメルマガの会員を確保することが大事と
コンサルタントに言われたが、大丈夫か? など

バックナンバーは原則非公開ですが、6ヶ月前までのものに限り公開しています。

また、購読1ヶ月目は無料で読むことができますので、今月中にお申し込みをするとこれまでの今月配信分も全て無料で送られてきます。

日本一のメルマガを決める「まぐまぐ大賞2014」で、有料部門のビジネスジャンル第1位を獲得した『ビジネス発想源 Special』。経営者やマーケティング担当者、クリエイターの皆さんに有用で有益なコンテンツが毎週目白押しです。ご興味のある方はぜひご購読下さい!

●『ビジネス発想源 Special』(月額907円)
・詳細・申込は → http://www.mag2.com/m/0001185134.html


シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。