「発想源ゼミナール/モバイルゼミ」を開催しました。



10月30日、有楽町ビジネスセンターにて、

勉強会型イベント「発想源ゼミナール/モバイルゼミ」を開催致しました。
スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末が一般化している今、
モバイルアプリをマーケティングに活かすにはどうすればいいかというテーマです。
最近は私もiPhoneやiPadのアプリを試しまくっているので、
非常に興味深いテーマでもあります。


今回は特別講師に、フリマアプリ「メルカリ」を開発されている、

株式会社コウゾウのiOSエンジニア、大庭慎一郎氏をお迎えしました。
フリマ系アプリの中では非常にユーザーの評判が高いメルカリですが、
そのメルカリの事例も混ぜながら、様々なモバイルアプリの工夫をお聞きしました。
アプリ開発で失敗する人は、まず「スマホとは何か?」といった基本中の基本から
分かったつもりでテキトーに先に進んだ気になってしまうので、
大庭氏は思考の最も根幹部分から話して頂き、とても勉強になりました。

第2部では、私が現在進めているiPhoneアプリの企画の全容を初めて発表しました。
なぜスマホでやるのか? なぜ今なのか? いろいろと考えをお伝えしました。
第3部では、それまでの話を元にしたビジネスワークです。
参加者同士でいろいろなアプリ案を企画してもらいました。
いろいろと面白いアイデアが上がってきて、皆さんとても勉強になった様子。
終了後のアンケートも、ほとんどの方に好評を頂いており嬉しい限りです。
スマホのマーケティング利用を考えている人がこんなにも多いんだな、
ということもよく分かりました。モバイルゼミはまたやりたいですね。
ご来場下さった皆さん、ありがとうございました!

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。