第4回「歴史ビジネスライブ」を開催します。


9月10日(木)、第4回「歴史ビジネスライブ」を開催することになりました。

今回は、歴史ブームの牽引役にもなっている伊達政宗片倉小十郎といった仙台藩の戦国武将たちにスポットを当て、「奥州伊達軍の宮城県に学ぶ、経営発想源」をテーマにいろいろなヒントを学びます。

今回は、宮城県庁の首都圏の拠点である宮城県東京事務所の皆さんにご協力を頂き、宮城県の観光PRをどのように取り組んでいるか、また県産食材のPR運動である「食材王国みやぎ」の取り組みの工夫などについてお話を頂きます。

また、楽天トラベルの「高級ホテル・旅館」部門で東北第1位を獲得するなど多くの宿泊客からの支持の篤い、宮城県白石市の鎌先温泉の老舗旅館「湯主一條」の第二十代当主・一條達也社長に、片倉小十郎ゆかりの白石市の観光PRの現状をお話し頂きます。

司会進行役はいつものように、会計士の山田真哉さんと、私・弘中勝の2名。ビジネスワークもありますよ。賞品もいろいろあるとかないとか。

宮城県は外国人向けの『ミシュラン実用旅行ガイド』では、京都や奈良などの「日本観光の定番」の都道府県に次いで第5位の星の多さを獲得していて、世界にも注目されている観光王国です。美味しいものもたくさんあります。その宮城県がどのような観光PRに取り組んでいるのか、その現場の話からは御社のPRやマーケティングに役立つヒントがかなり見つかるのではないかと思います。

ご来場お待ちしています。詳細・お申込はこちらからどうぞ


シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。