冷泉隆豊の智勇の才が光る、『小説大内義隆』


歴史小説『失楽園の武者 -小説 大内義隆』を読みました。
戦国時代の西国一の大名ながら、家臣の陶晴賢に謀反を起こされてしまう大内義隆は、
下剋上を許した暗君として評されることが多い守護大名ですが、
そんな大内義隆を主役に置いた小説なんて、まずはないでしょう。
…と思って興味津々で読み始めると、「小説大内義隆」という題名ながら、
実質の主人公は義隆の家臣・冷泉隆豊であり、隆豊の目から見た義隆が描かれています。
で、やっぱりダメダメな主君として描かれているのですが、
ここまで冷泉隆豊の活躍がクローズアップされている小説は珍しいのでは。
大内義隆が武人としての牙を失う出雲遠征の失敗の時から話は始まり、
大内隆豊が大寧寺で自刃して冷泉隆豊もその後を追って戦死するまでが描かれています。
これを読むと、大内義隆が相良武任や安富源内といった得体の知れない取り巻きを近づけたり、
家臣・陶隆房の謀反を最後まで否定し続けていたりと、
人を信じすぎることで破滅していく様子がよく分かります。

『失楽園の武者―小説 大内義隆』(古川薫氏著/講談社)


シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。