マレーシアのジョホールバルに行ってきた。(3)



そう言えば、2012年9月3日は『ドラえもん』の生誕前100周年だそうですが、ジョホールバルではそのドラえもん100年前が大々的に祝われていて驚きました。シティスクエアの入口もこのとおり大きなドラえもん像が。中華系の帽子や服を着ているのは、中国の中秋節にちなんでのことみたいです。圧倒的に、マクドナルドのドナルド像を凌駕する存在感。


ドラえもんのパネルと記念撮影する現地の女の子たち。ドラえもんは誕生時には青色ではなくて黄色で、耳もついていたんですよね。誕生祭だから黄色のドラえもんがいるのだと思います。黄色のドラえもんのぬいぐるみもたくさん売っていました。


ショッピングセンターの内部がこのように、ドラえもんフェスティバルに。中央広場には漫画の形になったドラえもんのステージもありますね。どこでもドアもあります。


シンガポールでもマレーシアでも、中秋節のための月餅がたくさん売られていたのですが、ここではドラえもんの月餅が。しかも結構いい値段なのです。ちなみにこの店の隣には、ハローキティの月餅もありましたよ。


ドラえもんグッズ売り場もこのとおり。Tシャツ、ぬいぐるみ、鉛筆、ノート、水筒、枕など、いろんなグッズを取りそろえ、ドラえもんをモチーフにした射的ゲームなどもあり、いろんな人が楽しんでいました。これらは日本でも扱っているものなのかな。


というわけで、国際タクシーに乗ってシンガポールへと戻ることになりました。乗り場は活きに到着したバスターミナルと同じ場所です。行きはS$40だったのですが、帰りはS$30だった気がする。乗り方もほぼ同じですが、シンガポールへ入国する際には入国カードの記入が必要ですので、運転手さんに入国カードをもらって乗り場で書き、載る際にパスポートと一緒に運転手さんに渡せばOKです。

行きは45分ぐらいかかりましたが、帰りは渋滞にハマって1時間半ぐらいかかりました。渋滞によって時間は変わりますのでご注意を。ということで、シンガポールに戻りますー。


シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。