意外な名著『嘉門達夫の中学生日記』


一昨日前の『ビジネス発想源』で取り上げた本は『嘉門達夫の中学生日記』。歌手の嘉門達夫さんが「毎日中学生新聞」で連載していた中学生向けのエッセイをまとめた本です。これがまた、意外に名著だと思うのです。
将来を決めるのは多感な中学生の頃の経験や感性だということが、中学生や中学生のお子さんを持つご両親に対して述べられています。以前に書いたとおり、私は嘉門達夫さんの大ファンなのですが、そう言えば私が嘉門達夫さんの曲を知ったのも中学校の頃だったかもしれない。中学生の頃の体験が将来を決めることにもなるのだ、ということを改めて感じた一冊です。


『嘉門達夫の中学生日記』(嘉門達夫氏著/毎日新聞社)


シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。