[スイス篇] シオン(2) 登城山道


20170922_121

スイス・ヴァレー州の州都であるシオンに並び立つ2つの城。その1つであるトゥールビヨン城(Chateau de Tourbillon)に登ります。まずはあの城壁の端にある城門を目指しましょう。岩の上に作られた道を通っていくんですね。

20170922_122

6歳長男も登城にチャレンジ。たまに休憩とかしながら。

20170922_123

城門までは石段が作られて手すりロープも張られてはいますが、かなり足場が悪いので右側の崖に落ちないように注意。特に上から来る人とすれ違う時には狭いので。

20170922_124

後ろを見るとこんな感じ。くれぐれもハイヒールとかで行かず、なるべく履き慣れた靴で。

20170922_125

先ほど見えた城門に着きました。下から見たらけっこう上にあるように見えるのですが、実際に歩いてみるとそんなに距離はなかったような感じ。

20170922_126

でも、ここはまだ中間地点でここからトゥールビヨン城に向けて道が伸びています。先ほどまでは石段がありましたが、ここからはただの山道です。木がなく視界が開けているのでそれほど危険でもないのですが。

20170922_127

岩肌を伝ってくると登れてしまうので、この城壁を作ったんでしょうね。城門の上にも防衛のためのスペースがあり、岩を伝えば登れそうですね。

20170922_128

向かいのヴァレール城は、もうすっかり眼下になってしまいました。スタート地点だった駐車場広場も、右下にあんなに小さく。

20170922_129

20170922_130

登り始めのの駐車場広場から徒歩10分ほどで、トゥールビヨン城の入口に到着。左に立っている旗がヴァレー州の州旗、それに似た中央に立っている旗はシオンの基礎自治体章、右に立っている旗は何だろ。

20170922_131

ちなみに城の名前であるトゥールビヨン(Tourbillion)とは、河村隆一のバンドの名前も同じだったような気がしますが、もともとフランス語で「旋風」「嵐」という意味の言葉。

20170922_132

ということで、トゥールビヨン城に入ってみることにしましょう。中はどんな感じなのでしょうか…。


シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。