『ビジネス発想源 Special』、第4299回配信。


毎週土曜日に配信している有料版メールマガジンビジネス発想源 Special、おかげさまで大きな好評を頂いております。ご愛読、ありがとうございます。

icon_%e3%83%92%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%99%ba%e6%83%b3%e6%ba%90special

8月13日(土)に配信した「第4299回」の内容は…

<第1部>

●今日の発想源 [Sp307]
~会社が小さな経営から大きくなれない、どん底から
変革できない理由は「□□が□□に□□□□すぎる」
こと。本末転倒な先送りは会社を危機にするだけ。
経営者の言うことを社員が理解できないとしたら……。

●今週の「データ発想源」
・今時の女子中高生はどんなスマホアプリを使っているか。
30代以上ではほとんど知らない□□□□を使っている
若者はこんなに多いのに、facebookはたったこれだけ!?
もうこれからはfacebookは全くPRツールにならない!?

●今週の「テレビ発想源」
・テレビ東京『旬菜の恵 ~大地からの希少な贈り物~』
(8月9日放送)
~希少野菜や伝統野菜の生産者を紹介するミニ番組。
どのように食べるのかも分かって、図鑑的な面白さ。

●今週の「フェイバリット発想源」
・1万部で大ヒットと言われる絵本業界において、なんと
200万部を突破する大人気シリーズ。うちの5歳長男も
寝るのを惜しんで読むほど。絵本デビューする前から
個人的に筆者のファンだった、次世代を牽引する絵本。

●今週の「プロジェクト発想源」
【第1119回】細分化すれば難易度が下がる
・「月島七景」「晴海七景」「勝どき七景」登場!
・これら3エリアは、徒歩でも回れる近さ。
・移動する距離が少なくて済むと難易度はどうなる?

●今週の『ビジネス発想源』タイトル一覧

<第2部>

●今週の「各界発想源 Special」
▽バイヤー・岡田晃幸の「仕入論」
~世界で見つける、世界とつながる。~(全5回)
【第1回】 お客様と接すること
・歴史ある家業のビジネスモデルが変わる時
・「□□」を仕入を決める根拠にしてしまうと……
・お客様から言ってもらえた、ある言葉

●今週の「不平不満発想源」
【第5回】なんでそんなに横並びしたがるの?
~サラリーマンが集団で歩道を横並びして歩く様子。
非常に迷惑というよりまず、非常に非効率である。
通勤時や移動時の意識を、会社で伝えるには。

●今週の「Paddy 一日一景」
・亀戸天神(キタニさん)
・和歌山県有田郡有田川町三田285(義則さん)

<第3部>

●今週の「歴史発想源」
【第131回】 私情より国益を「エンリケ航海王子」
<大望の航路・ポルトガル篇>(その七)

・摂政を追われたペドロ、甥の国王アフォンソ5世により
「アルファロベイラの戦い」で討伐される。
・エンリケ、兄ペドロを救う私情よりもポルトガルの
国益増大を優先し利権拡大。航海王子と呼ばれる。
・オスマン帝国の侵攻によりキリスト教の重要な聖地・
コンスタンティノープルが陥落し、東ローマ帝国滅亡。
・ローマ教皇の聖地奪還の十字軍結成の呼びかけにすぐ
応じたポルトガル、勅書で勢力拡大を認められる。
・「教訓1」「教訓2」「教訓3」

<第4部>

●今週の「Q&A発想源」
・『ビジネス発想源』シリーズのコンテンツは始める
際にモックアップとして始めるのか?
・今回紹介された海外で注目される話題などを早く
知るために、情報収集をどうするか? など

バックナンバーは原則非公開ですが、6ヶ月前までのものに限り公開しています。

また、購読1ヶ月目は無料で読むことができますので、今月中にお申し込みをするとこれまでの今月配信分も全て無料で送られてきます。

日本一のメルマガを決める「まぐまぐ大賞2014」で総合大賞、翌年「まぐまぐ大賞2015」でビジネスジャンル第1位を獲得した『ビジネス発想源 Special』。経営者やマーケティング担当者、クリエイターの皆さんに有用で有益なコンテンツが毎週目白押しです。ご興味のある方はぜひご購読下さい!

●『ビジネス発想源 Special』(月額907円)
・詳細・申込は → http://www.mag2.com/m/0001185134.html


シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>