高級食品でもどんどん売れる秘訣、『社員と熱狂する経営』


先月の『ビジネス発想源』で取り上げた本は、山形から全国の百貨店のデパ地下に次々と展開している食品チェーン、セゾンファクトリーの斎藤峰彰社長の著作『社員と熱狂する経営』。

1本数千円は当たり前のジャムやビネガーなどの高級食品が大人気のセゾンファクトリー。そのようなビジネスを作るきっかけになったことは何か、そのビジネスを作り出すために必要な考え方は何か、そしてそんな製品を生み出す同社のチームの強さの秘密は何か。同社の躍進の根源がたくさん書かれています。

実は私も、セゾンファクトリーのかなりの愛用者です。最初は品川駅の駅ナカでつい黄色の目立つ店舗に引き寄せられ、何気なくビネガーの試飲を頂いたことがきっかけでしたが、この店の商品は若い女性にプレゼントするといつも喜ばれるんですよね。それでよく手土産に買ったりするようになりました。でも本書を読むまで、まさか山形県の会社だとは思っていませんでした……。


『セゾンファクトリー 社員と熱狂する経営』(斎藤峰彰氏著/日経BP社)


シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。