とりあえず決着はさせた感、『踊る大捜査線 THE FINAL』


ようやく『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』を観ることができました。
テレビシリーズからずっと見続けた『踊る大捜査線』シリーズですが、
まあ、とりあえず決着だけはさせたかな、という感じの感想でした。
『3』よりは面白いかもしれないけど、ファンサービス的映画みたいな感じかな。
この作品で初めて『踊る』を観る、という人にはどう感じるんだろ。

今回は完全に警察内部の話で、最初から黒幕も犯人も分かりきっているんですけど、
なんか前半のバタバタは長いわりにあまり本筋に関係しないわ、
真下正義が交渉人だった経歴や主役になった実力などもあんまり関係ないわ、
新キャラクターとして香取慎吾が出てきても全然実感湧かないから、
ただDOLEのバナナのタイアップとして出てきただけにしか見えないわ、
いろいろとよく分からない部分は多かったです。
個人的に『踊るシリーズ』では『交渉人 真下正義』が好きだったので、
真下の元部下という設定を活かすんだったら、突然湧いてきた香取慎吾より、
小泉孝太郎やムロツロシを使ったほうがしっくりきたけどなー…。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。