『ビジネス発想源 Special』、第2549回配信。


有料版メールマガジンビジネス発想源 Special、おかげさまで好評配信中です。毎週土曜日に購読登録者のみに配信されています。

10月29日(土)に配信した「第2549回」の内容は… 
●今日の発想源 [Sp057] 
~日本経済新聞の購読料が朝夕刊で月4,300円程度で、電子版の購読料が月4,000円。自分の商売は時代の潮流の中でどうあるべきか?
●今週の「ニュース発想源」 
・大王製紙の井川前会長が連結子会社から106億円もの巨額の現金を借り入れた問題で、東証が全上場企業に法令順守の徹底を要請。
・TOHOシネマズが今春より従来の1800円の映画料金を1500円に下げた新料金を実験的に導入。効果が見られず、早期終了が決定。 
●今週の「データ発想源」
 
・電車内や駅での迷惑行為は、男女によって感じ方が違う!経営者ならば、迷惑行為を知ってこのように発想しよう。
●今週の「フェイバリット発想源」
・メインの人物に支えられていると思われているグループが、実は縁の下の力持ちの卓越した能力に支えられているという証拠に…
●今週の「Q&A発想源」 
・女性をたくさん雇用するということはそれだけ、女性を多く活用している会社というPRに活用することができるのか? 
・売上の大半を支えるテレアポ営業をやめて一時的に売上が減少した場合、その後の回復の確信はどこにあるか?…など
バックナンバーは原則非公開ですが、3ヶ月前までのものに限り公開しています。また、購読1ヶ月目は無料で読むことができますので、今月中にお申し込みをするとこれまでの今月配信分も全て無料で送られてきます。ご興味のある方はぜひ『ビジネス発想源 Special』にご登録下さい。毎週有用で有益な内容をお届けします!

●『ビジネス発想源 Special』(月額882円)
・詳細・申込は → http://www.mag2.com/m/0001185134.html

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。