一昨日の「発想源ライブプレミアム」で…


一昨日の「発想源ライブプレミアム」終了後、受講者の皆さまから感謝のメールがたくさん届きました。主催者にもこうして感想メールが多く来るというのは本当に嬉しいです。ありがとうございます。

ご登壇頂いたアットムービーの森谷雄プロデューサーに、「制作の裏話が聞きたいです!」と超個人的なお願いを開始前に申し上げたら、本当にたくさんの裏話を話して下さいまして、本当に熱い内容でした。

●33万枚突破の『THE3名様』シリーズは、映画『ロッカーズ』の打ち上げで、同作のサブキャラクター役だった佐藤隆太さんとの何気ない会話から生まれた

●堂本剛主演の『33分探偵』の最初の企画書は、たった3行。

●片桐仁・戸次重幸主演の深夜版『ザ・クイズショウ』は構想段階では、司会者と挑戦者の1対1ではなく、赤コーナーと青コーナーの対決クイズ方式だった。

●櫻井翔主演のゴールデン版『ザ・クイズショウ』では飛行機事故が鍵となるが、企画段階では飛行機事故ではなく…

などなど、驚くような制作秘話を作品ごとにたくさん聞かせて頂いたのですが、あーこれはさすがにブログでは書けない…!という感じのドロドロで生々しい裏話もいろいろと…。映像の世界って大変だ。


今回、映像や出版の業界の第一線で大活躍されている方々が多くご来場下さっていたので、もしよろしければと近くのお店で食事会をすることに。

手前左から時計回りに、アットムービーの映像プロデューサー・森谷雄さん、『監査法人』『牙狼』などを書かれた脚本家の小林雄次さん、大河ドラマ『篤姫』にも出演されていた女優の鈴木美智子さん、『オルトロスの犬』も書かれている脚本家の林壮太郎さん、特撮業界で活躍されている映画監督の梶研吾さん、『ジキルとハイドと裁判員』などを連載中の漫画原作者の北原雅紀さん、ドラマ『女子大生会計士の事件簿』の原作者である公認会計士の山田真哉さん

ここでもいろいろと映像企画談義が花咲いて、終電時間をとうに過ぎた深夜まで盛り上がりました。録音しておけばよかったと後悔しているぐらい、勉強になる話ばかりの食事会でした。

帰る方角が同じだったので、森谷雄さん、山田真哉さんと同じタクシーに乗ったのですが、この車内でまた森谷さんからビックリ仰天な進行中の企画案を聞かされて、山田さんも僕も共通して興味のある分野にまつわる企画案だったのでかなり驚いてしまいました。これは登場が待ち遠しいっ!

そうそう、アットムービーは映像制作だけではなくリアルコンテンツとして劇団スパイスガーデンもプロデュースされています。9月1日~6日、中野ザ・ポケットで第2回公演「アイドル~失われたキミを求めて~」が上演されるそうです。作・演出は『ザ・クイズショウ』も書かれた及川拓郎さん。面白そうなので僕もチケット買いました。楽しみ楽しみ。


シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。