『ビジネス発想源 Special』、第3235回配信。


有料版メールマガジンビジネス発想源 Special、おかげさまで好評配信中です。

毎週土曜日に購読登録者のみに配信されています。

9月14日(土)に配信した「第3235回」の内容は… 
<第1部>  
●今日の発想源 [Sp155]
~「地方活性化」「街おこし」の趣旨で企画を立てる時に「地元が盛り上がるように」と
 思って行なうイベントの多くがなぜ失敗していくのか。
 地域振興だけではなく企業や店舗でも同じこと。
 ただ「盛り上がるように」というだけの企画は失敗する。 
●今週の「ニュース発想源」 
・IOCの総会で、2020年夏季オリンピックの開催地が東京に決定。
 1964年大会以来2回目の開催を獲得し、日本中が喜びに湧く。 
・日本テレビ社員のみのもんたの次男が窃盗未遂容疑で逮捕。 
 みのもんたが司会を務める番組でも事件報道。本人は夏休み。 
・北海道の温泉施設で、アイヌ民族行事に招かれたニュージーランドの
 マオリ族の言語指導者が顔の入れ墨を理由に入館を断られる。  
●今週の「データ発想源」 
・花粉症体質のマラソンランナーにとって花粉症の季節は大変。 
 ランニング時にはどのような花粉症のための対策を取るか。 
 ランナーのためのサプリメントやマスクなどの開発も大切だが、 
 花粉が舞いにくいランニングコースの開発などはできないか?  
●今週の「フェイバリット発想源」 
・2歳の子どもが50回以上も録画したものを繰り返し観ている、ヨーロッパの伝統文化が
 深く分かる2時間番組。さらにその品格を模した世界各国のサービスも紹介されている
 素晴らしい番組。さらに東京五輪決定の快挙を受けて、今月再放送が決定! 
●今週の『ビジネス発想源』タイトル一覧
<第2部>
●今週の「プロジェクト発想源」 
【第55回】 その場所のイメージが湧くか 
 ・行ったことのない国や地域の情報が必要な時には? 
 ・「定番でイメージを捉える」ことから抜け出すために。 
 ・一段階上の観光客や地元に人たちにPRをするためには? 
 ・「ついで訪問」をしてもらえるようなPRをするには?  
●今週の「テレビ発想源」 
・爆笑する漫才ネタの脚本はどのように出来上がっているのか? 
 「□□□より□□□から作る」ことに気がついた漫才コンビが生き残っていく。
 ボケとツッコミはどのように作っていくか。
 面白い漫才のネタはかなりシステマチックに作られている。 
<第3部>  
●今週の「Q&A発想源」
 
・「この業界は絶対に儲からない」という助言が一度もないが、どんな業界でも
 売り方次第では儲かるようになるか?
・チラシをやめるといっても、例えば宅配ピザなどチラシによって成り立つ商売は
 どのように変わっていくべきか? など

バックナンバーは原則非公開ですが、6ヶ月前までのものに限り公開しています。
また、購読1ヶ月目は無料で読むことができますので、
今月中にお申し込みをするとこれまでの今月配信分も全て無料で送られてきます。
ご興味のある方はぜひ『ビジネス発想源 Special』にご登録下さい。
毎週有用で有益な内容をお届けします!
●『ビジネス発想源 Special』(月額882円)
・詳細・申込は → http://www.mag2.com/m/0001185134.html

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。