第14回「発想源ライブプレミアム」 山川伸隆先生



7月22日、TKP品川カンファレンスセンターにて、勉強会型イベント「発想源ライブプレミアム」を開催致しました。毎回各界の第一線で活躍されているプロフェッショナルの方を特別講師にお招きする「発想源ライブプレミアム」、今回は三重県伊勢市の「いせ山川クリニック」の院長である、脳神経外科医の山川伸隆先生です。

三重県内だけではなく遠くは東北や九州などからも患者さんがいらっしゃり、また自ら企画する市民公開講座は600人もの受講者を集めるほど人気で、広く信頼と評判を集めている山川先生。今年1月には『ビジネス発想源 Special』にて「人の健康も予防から、会社の健全も予防から。~脳神経外科医・山川伸隆の予防論~」を連載して頂きました。今回は東京にお越し頂いてのご登壇となりました。


脳神経外科とは? 脳卒中とは? 認知症とは? さらには頭痛に端を発する様々な危険な症状の実例などをご紹介頂いたのですが、とにかく山川先生の説明は分かりやすい!とにかく誰にでも分かりやすいたとえ話や数値などで説明していく山川先生の表現力には、非常に参考になる部分が多いです。それにしても、脳神経外科というのはものすごく緻密な部分に迫る分野なんですね…。ただ単に「なんか頭が痛い」という状態も、軽視できないなあと思いました。予防がいかに人生に大切かということを痛切に感じます。


山川先生の「いせ山川クリニック」の開業の話や、市民公開講座などの情報発信の意識についてもお話が。「いせ山川クリニック」の診察室の写真が出てきましたが、よく見ると、普通の開業医の医院の診察室と全く違うものがありますよね…。他にも、待合室の椅子は全て、座る部分が既製品よりも2cm高くなっている特注品になっていたり、受付のカウンターが既製品よりも4cm低い特注品だったりして、その理由なども全てが理にかなっています。


実際に「いせ山川クリニック」では診察をどのようにしているのか。受講者の方にもご参加頂いて「診察ライブ」を行ないました。背中に手を当てた理由、両手を持った理由、こんなことを聞く理由…、全てに理由があります。そうやって本質を見極めていく様子は、まるでNHKの『ドクターG』を観ているかのよう。いろんなヒントがいろんな場面に隠されているのですね。

第2部は、山川先生と私・弘中勝のトークセッション。皆さんから寄せられた質問を山川先生に答えて頂いたり、山川先生の好きな四字熟語の発表をしたりと、いろいろな話をしました。
というわけで、2時間というあっという間の短い時間でしたが、山川先生からたくさんのヒントや情報を頂けました。終了後の皆さんのアンケートも大好評。意外に多かった意見が、「日曜日の朝はいいですね!」というもの。実は午前中に開催するのは初めてだったのです。確かに、いつもとは違う清々しさがありますね…。ご来場下さった皆さん、そして登壇して下さった山川先生、ありがとうございました!

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。