『ビジネス発想源 Special』、第3186回配信。


有料版メールマガジンビジネス発想源 Special、おかげさまで好評配信中です。

毎週土曜日に購読登録者のみに配信されています。

7月27日(土)に配信した「第3186回」の内容は… 
<第1部> 
●今日の発想源 [Sp148] 
~「□□□」が爆発的に売れているのは、「□□をするため」ではなく、
 「□□□□□部分に□□を作ってくれる」商品だから。
 □□で勝負する時代はもう過ぎた。今は□□で勝負する時代だが、
 さらにこれからは「□□を□□」ことができるかが問われる。 
●今週の「ニュース発想源」 
・参議院選挙で自民党が65議席を獲得し大勝。公明党と合わせて参院で過半数。
 2007年参院選以来続いてきたねじれ国会解消へ。
・京都のミニストップで、売り場のアイスクリーム用冷蔵ケースの中に客が寝そべった写真が
 ネットで拡散し、商品撤去騒動に。
・ノーベル賞受賞者の利根川進教授らが、脳を刺激して実際と違う
 過誤記憶を作り出す実験に成功。サイエンス誌にて発表予定。
●今週の「データ発想源」
・子どもの朝食はいかに進化するべきか? 小中学生の子どもを持つ女性は
 何を重視しているか? なぜコーンフレークはいまだに日本の朝食の主流にならないか?
 朝食市場を狙うには「□□□□」よりも「□□□□が□□い」という発想が大切。 
●今週の「フェイバリット発想源」
・毎日肉まんでも飽きないほど肉まんが大好きな筆者が、各地の中華街に行ってまで
 食べまくってきた日本の肉まんや小龍包で、今のところ最も美味しいと思う肉まんは、
 中華街ではなかった! その街に行った時には必ずと言っていいほど買う肉まんとは?
●今週の『ビジネス発想源』タイトル一覧 
<第2部> 
●今週の「プロジェクト発想源」 
【第7回】 
・マッピングサービス事業がほとんど失敗する理由とは?
 
・食べログの地図版のようなサービスがうまくいかない理由。
 
・そのサービスの壁を乗り換えるにはどうするべきか?
 
・「□」と「□」から始める企画はできないか?  
●今週の「テレビ発想源」 
・無人島というとサバイバルとかバカンスとか、非日常を求めて遠くにある島に行くという
 イメージがあるが、主要都市の港から短時間で行ける無人島が、日本にはこんなに隠れている。
 このブームから見る、無人島の次に注目される場所とは? 
<第3部>  
●今週の「Q&A発想源」 
・『ビジネス発想源』で「就職活動篇」が修了するが、逆に採用をする企業人に対して
 採用のアドバイスをするとしたら? 
・様々な焼肉店が出店する中で、これからの時代に勝ち残っていく焼肉店は
 どのような店か? など

バックナンバーは原則非公開ですが、6ヶ月前までのものに限り公開しています。
また、購読1ヶ月目は無料で読むことができますので、
今月中にお申し込みをするとこれまでの今月配信分も全て無料で送られてきます。
ご興味のある方はぜひ『ビジネス発想源 Special』にご登録下さい。
毎週有用で有益な内容をお届けします!
●『ビジネス発想源 Special』(月額882円)
・詳細・申込は → http://www.mag2.com/m/0001185134.html

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。