『ビジネス発想源 Special』にて「菓子店・新垣淑豊の土産論」スタート!


毎週土曜日配信の『ビジネス発想源 Special』にて不定期的に連載している、
各界の第一線のプロの方々にご執筆を頂く「各界発想源 Special」、
先週から新シリーズがスタートしました!
今回のテーマは、観光や旅行には欠かせない「お土産」。
そこで今回、国際観光地である沖縄県の中でも屈指の人気を誇る土産物である
「新垣ちんすこう」を販売製造されている新垣菓子店の4代目、
新垣淑豊さんに「土産論」としてご執筆を頂くことになりました。

実は私は、以前から沖縄旅行から帰った知人からお土産に渡される他社の「ちんすこう」が
思いっきりパサついていて美味しくなかったので、
「沖縄ってこんなものしかないのか」と思って沖縄県にあまり興味がありませんでした。
でも2010年に仕事で生まれて初めて沖縄県に行った時に偶然、
「新垣ちんすこう」を知って食べてから、その美味しさにハマってしまい、
銀座の沖縄県アンテナショップに定期的に買いに行くほどのファンになっています。
実際、沖縄県民の中にも観光客向けの粗悪な「ちんすこう」には目もくれず
買うなら「新垣ちんすこう」、という方はけっこういらっしゃるようですね。

今年で81周年を迎えるという長い歴史と伝統を持つ新垣菓子店さんですが、
那覇青年会議所副理事長、国際通り県庁駅前商店街副理事長など、
沖縄県内の観光や経済にも大きく関わっておられる4代目の新垣淑豊さんに、
お土産のあるべき姿、またお土産業界に起こっている問題点など、
土産の視点から様々なことを5週にわたって書いて頂くことになりました。
タイトルは、
▽菓子店・新垣淑豊の「土産論」 ~お土産の元気が、日本を変える。~
です。
地方活性化はどうするべきか、地方企業はどうあるべきかなど、
経営やPRマーケティングに役立つヒントがたくさん見つかると思います。
ぜひこの機会に『ビジネス発想源 Special』を読んでみて下さい!
初月は試読無料ですので。ご登録はこちらからどうぞ。

【過去の「各界発想源 Special」】

●脚本家・小林雄次の「正義論」
 
    ~これから「正義」の話をしよう、私も。~
 
●司法書士・鎌田幸子の「起業論」
 
    ~会社を起こせば、元気が起こる。~  
●旅館経営者・一條達也の「東北元気論」
  
    ~よみがえる東北観光、立ち上がる日本観光。~  
●脳神経外科医・山川伸隆の「予防論」 
    ~人の健康も予防から、会社の健全も予防から~  
●畳職人・鏡芳昭の「伝統文化論」
  
    ~畳を見れば、経済が見える。~  
●国際薬膳師・大倉文子の「薬食論」
  
    ~食を正せば、人も正せる。~  
●一級建築士・櫨本健一の「住宅論」
    
    ~家に人生あり、住まいにドラマあり。~  
●歯科医師・野地一成の「維持論」
  
    ~長く正しく付き合えば、長く愉しく幸せに~  
●測量士・浦恒博の「基礎論」 
  
    ~正しく測って、未来を計る。~

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。