『ビジネス発想源 Special』、第3361回配信。


有料版メールマガジンビジネス発想源 Special、おかげさまで好評配信中です。

毎週土曜日に購読登録者のみに配信されています。


1月18日(土)に配信した「第3361回」の内容は… 
<第1部>  
●今日の発想源 [Sp173] 
~経営者の口から「□□」という言葉が出ると、その会社が必ず危機に陥る危険信号。
 「え、□□の何がいけないの?」と思った読者は要注意。
 □□が会社の売上を上げるわけではない。
●今週の「ニュース発想源」 
・韓国国家機関の女性家族部が、旧日本軍の従軍慰安婦記録を調査し、
 世界記憶遺産に申請することを検討。
 
・児童養護施設を舞台にした芦田愛菜主演の日テレドラマ『明日、ママがいない』の
 内容に、議論が起こる。 
・通算8000回目の『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングで
 29年ぶりにとんねるずが登場し話題に。 
●今週の「データ発想源」 
・「自分は、坂本龍馬を尊敬しています!」という社会人は多いが、実際には
 司馬遼太郎の描いた坂本竜馬のイメージだったりする。
 歴史上の人物のイメージはどのように作られ、どのように浸透していくのか?  
●今週の「フェイバリット発想源」 
・国内外の様々なスマートフォン用アプリをダウンロードした中で、
 最もバランスが絶妙で楽しめるアプリは何か? 
 日本だけでなく20ヶ国以上でAppStoreのアプリランキング1位に輝く人気アプリとは。
●今週の『ビジネス発想源』タイトル一覧 
<第2部> 
●今週の「プロジェクト発想源」 
【第181回】チームジャングル、始動! 
 ・アプリ開発を、複数の人間のチームで作っていく。 
 ・アプリの収益化よりもまず…… 
 ・絶対に面白くないものに仕上がる悪い意識を避ける 
 ・今のところ、どのような開発コストがかかっているか
●今週の「テレビ発想源」 
・映画公開よりも先にテレビ版が公開。チャップリンの名作『ライムライト』を題材に、
 斜陽化していく日本の伝統産業で、消えゆくプロフェッショナルと、
 未来を託された若者の物語。今年初めて号泣したストーリー。
<第3部> 
●今週の「歴史発想源」
 
【第三回】 鎮圧!大内道頓の乱 
 ・当主・大内政弘が不在の山口県で、一族の大内教幸による内乱が勃発!
  完全に窮地に陥る大内本国。
 ・わずか15歳の若き周防国守護代・陶弘護、颯爽と登場! 
  驚異的な統率力で、大内教幸の反乱軍をボコボコに。 
 ・禍根の芽は徹底的に叩き潰す! 謀反人をかくまった
 
  島根県の吉見氏もボコボコに叩きのめす。 
 ・追討は関門海峡を越えて、大内教幸、福岡県にて自害。 
  若きナンバー2・陶弘護の君臨時代が始まる。
<第4部>  
●今週の「Q&A発想源」
 
・プログラムの経験がない人間が情報アプリを作りたいが 
 まずは自分でプログラムを学ぶべきか? 
・社員の雇用を考えると社会保険料などを含め固定費が上がることを
 考えて躊躇してしまうが…? など
バックナンバーは原則非公開ですが、6ヶ月前までのものに限り公開しています。
また、購読1ヶ月目は無料で読むことができますので、
今月中にお申し込みをするとこれまでの今月配信分も全て無料で送られてきます。
ご興味のある方はぜひ『ビジネス発想源 Special』にご登録下さい。
毎週有用で有益な内容をお届けします!
●『ビジネス発想源 Special』(月額882円)
・詳細・申込は → http://www.mag2.com/m/0001185134.html

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。