「歴史発想源/改革の萌芽・文治政治篇」、連載スタート!


毎週土曜・日曜配信中の有料メールマガジン『ビジネス発想源 Special』の「歴史発想源」にて、新章となる第36章がスタートします。

歴史上の偉人たちの偉業から、現代のビジネス界における経営やマーケティングのヒントを探る人気コンテンツ「歴史発想源」。

第36章のタイトルは、「改革の萌芽・文治政治篇」です。

組織や地域の経営改革を大規模に行なった偉業に迫る「改革」シリーズ。

今回は「組織の長期経営」をテーマに、長きに渡る組織経営の基礎を盤石に作り上げた人物にスポットライトを当てます。

そのような人物ですぐに思い当たるのが、260年にわたる長期政権となった徳川家による江戸幕府を盤石に強化した人物、保科正之(ほしな まさゆき)です。

幕藩体制の基礎樹立を目指す3代将軍・徳川家光に見出され、その死後は幼少の4代将軍・徳川家綱を支え、明暦の大火で壊滅した江戸の街を復興してのちの大都市・東京の基盤を作り上げた、名宰相・保科正之の手腕に迫ります。

武断政治から文治政治への変革を成し遂げ、その後の長きに渡る徳川政権の基礎を作った保科正之の戦略には、現代経営にも生きるヒントがきっと多く見つかります!

「歴史発想源/改革の萌芽・文治政治篇」が連載される『ビジネス発想源 Special』は、こちらからご登録ください。登録初月は試読期間として、無料で1ヶ月分を読めます。合わない場合は無料期間中に解除されても結構ですので、まずは試し読みをしてみて下さい!

icon_%e3%83%92%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%99%ba%e6%83%b3%e6%ba%90special


シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。